会社沿革

1951年2月
(昭和26年)
東京都大田区下丸子にて事業開始
電電公社荻窪工作所より搬送装置、通信機の改造修理を受託
1951年6月
(昭和26年)
朝日電気株式会社を創立(資本金25万円)
1959年11月
(昭和34年)
資本金200万円に増資。現住所に移転
日本信号株式会社の系列となる
デジタル機器、測定器の設計・製造
1973年11月
(昭和48年)
資本金1,000万円に増資
1987年7月
(昭和62年)
品川区西五反田に技術センターを開設
1991年4月
(平成3年)
日本信号株式会社よりピッキングシステムの製造販売を移管 
自社ブランド商品として販売開始
1991年9月
(平成3年)
長野事業所開設
2000年12月
(平成12年)
本社改築・技術センターを本社に統合
2005年11月
(平成17年) 
環境省・エコアクション21認証・登録
2006年7月
(平成18年)
日本信号株式会社より各種システムの製造販売を移管
・航空機進入角度指示監視装置 
・鉄道信号保安装置
2013年7月
(平成25年)
日本信号株式会社の完全子会社となる